伊勢うどん特集

伊勢うどん特集

伊勢うどんの歴史

伊勢うどんの歴史は古く、その起源は江戸時代以前に遡ります。伊勢市周辺の農家の人々が、うどんに地味噌のたまりをつけて食べていたのが始まりです。
忙しい農作業の合間に、手間をかけずに食べられるように、太い麺とシンプルな具材というスタイルになったようです。
その後、お伊勢参りの参詣客向けのうどん屋さんで供されるようになったわけですが、地元の人たちは、それまで自分たちのうどんが他の地方と異なることを意識していなかったため、「並うどん」や「素うどん」などと呼ばれていたのですが、1960年代中期からようやく「伊勢うどん」という名称で呼ばれるようになったのです。
他に類を見ない独特の味や見た目は、全国から集まる参詣客の評判を呼び、徐々にその人気が日本中に広まって行きました。


うまさの秘密

その1
なんと言っても独特の「タレ」です。初めて見る方は、とろりとした濃い見た目に驚かれるかも知れませんね。
ところが食べてみてさらにびっくり。辛そうな見た目とはうらはらに、甘みのあるしょうゆベースに、かつおや昆布などの出汁をブレンドした、豊かな香りのおいしいタレなんです。
これをたっぷりとうどんにかけ、お箸でかきまぜて食べる瞬間の鼻に抜ける匂いがたまりません。

その2
伊勢うどんの麺は、かなり太めです。そしてもっちりと柔らかい食感が特徴です。コシが命の讃岐うどんとは対極の、この柔らかさ。それは手早く食べられて消化に良いという、昔からの人々の知恵が活きているのです。
インパクトがあって親しみやすく、身体にもやさしい伊勢うどんは、お子さまからお年寄りまで、皆さまに愛される元気メニューです。





伊勢うどん特集

おすすめトッピング

伊勢うどんはもともとシンプルな食べ物ですが、思いのほかあらゆる食材と相性が良く、美味しさのバリエーションが豊かに広がります。なかでもネギ、一味とうがらしはぜひ! というほど相性抜群、必需品です。
ほかにも定番の天かす(揚げ玉)、卵黄、はもちろん、めひび(めかぶ)、角切りの豆腐や青菜、カレー粉などもぴったりです。

伊勢うどん特集

老舗の味をそのままに

伊勢うどんは、太い麺を柔らかくなるまで茹でるため、本来は茹で時間がとてもかかります。そのため、あらかじめ茹でた麺がどの家庭でも重宝されてきました。
千の幸の伊勢うどんは、その中でも味にたいへん定評のある老舗、「山口製麺」の製品です。
封を切って麺をさっと湯がき、付属のタレを回しかけるだけで、本場と同じ伊勢うどんが簡単にお召し上がりいただけます。

お召し上がり方

大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰したら麺を入れ1~2分そのままで。
それから麺をほぐし沸騰したら湯切りしてどんぶりに入れます。
別添えのつゆをうすめずそのままかけてお召し上がり下さい。
全体によくからませ、つゆの味を麺になじませます。


現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力